2022年08月01日

Don Byas & Bud Powell / A Tribute To Cannonball

Don Byas & Bud Powell 196112 A Tribute To Cannonball_Byas.JPG

Don Byas & Bud Powell 196112 A Tribute To Cannonball_Powell.JPG

伝説のテナー奏者とも言われるDon Byas(ドン・バイアス)が参加する所有アルバムは、本作とチャーリー・クリスチャンのアルバムJazz Immortalのみ。1976年4月臨時増刊「世界ジャズ人名辞典」によると、1971年1月にアート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズの一員として来日したとのこと。だが、その時のライブはアルバム化されていないので、日本での彼の知名度は高くない。ジャケットではDon Byas/Bud Powellと記載されているが、CD帯には「バド・パウエル&ドン・バイアス」とあるのは仕方ないだろう。

そのCD帯から。「パリに長期滞在していたバド・パウエルとドン・バイアスが、ヨーロッパ・ツアー中だったキャノンボール・アダレイのプロデュースで吹き込んだ再会セッション。やはり欧州を拠点としていたアイドリース・シュリーマン(トランペット)、ケニー・クラーク(ドラムス)と共に、くつろいだプレイを展開する。復刻にあたり、キャノンボールも演奏に参加した〈チェロキー〉を追加収録」。なんというか、野球の監督が代打で自分を指名したようなものだ。弾丸(キャノンボール)打法。

1. Just One Of Those Things
2. Jackie My Little Cat
3. Cherokee
4. I Remember Clifford
5. Good Bait
6. Jeannine
7. All The Things You Are
8. Myth
9. Jackie My Little Cat [alternate version]
10. Cherokee [unissued alternate]

Don Byas - tenor saxophone
Cannonball Adderley - alto saxophone (track 10)
Idrees Sulieman - trumpet (tracks 5-8)
Bud Powell - piano
Pierre Michelot - bass
Kenny Clarke - drums

Recorded on 15 December, 1961 at Studio Charlot, Paris, France.

posted by F.Kubo at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | Bud Powell

Bud Powell / Ups'n Downs

Bud Powell 195600 Ups'n Downs.JPG

商品解説から。「1972年リリース。パリに拠点を移していたバド・パウエルがニューヨークへ戻った64年後半から65年にかけての晩年の未発表セッションをコンパイル。65年にチャーリー・パーカー没後10周年に行われたメモリアル・コンサートで演奏した音源を含む貴重なバドの音源集」。

詳細な録音データが不明なアルバム。ベースは不詳で、ドラムもJ.C.モーゼスらしいが確かではない。唯一は、7曲目のラウンド・ミッドナイトで、1965年3月27日のカーネギー・ホールでのピアノソロ。パウエルのディスコグラフィーを見ると、データが明らかになっている最後の音源のようだ。その時のポスターを下記URLで見つけた。そして、パウエルは66年7月31日に41歳で他界。

Bud Powell 195600 Ups'n Downs_Charlie Parker_1000x1500.JPG

http://birdparkerslegacy.com/carnegiehall/650327.html

1. Ups And Downs
2. Like Someone In Love
3. Earl's Impro
4. Thelonius
5. A Moment's Notice
6. Caravan Riffs
7. 'Round Midnight
8. Jazz Black And White
9. I Can't Believe You're In Love With Me
10. March To Paris
11. No Smokin'
12. I'm Always Chasing Rainbows

Bud Powell - piano
Unknown - bass (except track 7)
Unknown or J.C. Moses - drums (except track 7)

Recorded in 1965 - 1966.
Track 7: Recorded on March 27, 1965 at "Charlie Parker 10th Memorial Concert", Carnegie Hall, NYC.

posted by F.Kubo at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) | Bud Powell

Bud Powell / Inner Fires

Bud Powell 195305 Inner Fires.JPG

CD帯から。「1年半ぶりに療養生活から復帰した“バップ・ピアノの父”バド・パウエルの、生気あふれるピアノ・タッチを味わうことのできる53年の録音。ワシントンD.C.の“クラブ・カヴァコス”でのライブで、パウエルはいつになく調子を上げており、イマジネイディブな魅力を充分に発散してみせる。音質こそベストではないものの、パウエル・ファンは必聴の1枚。ラストに収められているパウエルの肉声インタビューも、とても貴重である」。

パウエルの死後16年経った1982年に発掘されたプライベート音源。それにしても、ジャケットのイラストは異様である。M.Arismanとサインがあるので、Marshall Arisman(マーシャル・アリスマン October 14, 1938 - April 22, 2022)のこと。つい最近亡くなっている。このイラストと似たような彼のいくつかの作品をネットで見つけることができたので、本作のために描いた訳ではない。イラスト下には小さなフォントでPreviously unreleased live performances by the legendary genius of Modern Jazz Pianoとあるのだ。「モダンジャズピアノの伝説の天才」には似つかわしくないイラスト。

ところで、最後のトラックは、1963年1月と5月のパリでの5分近いインタビュー。冒頭からスキャットで歌い始めるパウエル。インタビュアーはフランス語なので内容は不明だが、何かの質問に対して、アル・ヘイグ、ハンク・ジョーンズ、セロニアス・モンク、マイルス・デイビス、マックス・ローチ、レイ・ブラウン、チャールズ・ミンガス、トシコ(秋吉敏子)などの名前をパウエルが答えている。

1. I Want To Be Happy
2. Somebody Loves Me
3. Nice Work If You Can Get It
4. Salt Peanuts
5. Conception
6. Lullabye Of Birdland
7. Little Willie Leaps
8. Hallelujah!
9. Lullabye Of Birdland [alternate master]
10. Sure Thing
11. Woody'n You
12. Bud Powell Interviews [Paris, France, January 15, and May 6, 1963]

Bud Powell - piano
Charlie Mingus - bass
Roy Haynes - drums

Recorded on May 4, 1953 at "Club Kavakos", Washington, DC.

posted by F.Kubo at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | Bud Powell

2022年07月31日

Joe Farrell / Outback

Joe Farrell 197104 Outback.JPG

ジョー・ファレルが参加したチック・コリアのカモメ、つまりアルバムReturn To Foreverのちょうど3か月前、1971年11月4日の録音。本作とカモメの共通メンバーは、この2人以外にアイアート・モレイラ。従って、本作にはカモメ的雰囲気が漂うのだが、バスター・ウィリアムスのベース、エルビン・ジョーンズのドラムによって、カモメよりは重心が低い感じだ。カモメが助走に時間を掛け、水面から飛び立つイメージ。

カモメは、その名の通りジャケットが見事なアイコンとなった。本作も負けていない。ジャケットを見開いた時に強烈な印象を与える。インテリアとしても使える写真で、写真家Pete Turner(ピート・ターナー)の作品。彼のサイトでこの写真を見つけることができた(URLは以下に記載)。本来はもっと明るい仕上がりの写真だが、ジャケット用にインパクトを抑えたようだ。つまり、ジャケットも重心が低い。ちなみに、彼の写真はビル・エバンスのMontreux II、ウェス・モンゴメリーのRoad Songなどのアルバムで使われている。

Joe Farrell 197104 Outback_Pete Turner.jpg

https://www.peteturner.com/Africa/index.html

1. Outback
2. Sound Down
3. Bleeding Orchid
4. November 68th

Joe Farrell - tenor saxophone, soprano saxophone, flute, alto flute, piccolo
Chick Corea - electric piano
Buster Williams - bass
Elvin Jones - drums
Airto Moreira - percussion

Recorded on November 4, 1971 at Rudy Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, New Jersey.

posted by F.Kubo at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | Jazz J, K & L

Sonny Rollins / G-Man

Sonny Rollins 198608 G-Man.JPG

1986年8月16日、ニューヨークにある彫刻公園Opus 40での野外ライブアルバム。タイトルは1曲目のG-Manを採用。邦題は「Gマン」ではなく、なぜか「Gメン」としている。というか、邦題になっていない。ロリンズ作のこのタイトルは一般的なGovernment Manのことだろうか。それともGreat Manかもしれない。だったら、ロリンズのサックスを形容して、邦題は「豪快野郎」で決まり!

まぁ、邦題はどうでも良いのだが、2曲目のKimにおいて、翌87年4月9日にスタジオでテナーサックスをオーバーダブしているのが気になる。ジャケット内の録音データには、しっかりと記載されているのだ。だが、ライナーノーツを担当した小川隆夫氏は、そのことには一切触れていない。ロリンズは何が不満だったのだろう。アルバム全体としては、ロリンズのブロウをたっぷりと堪能できるので、そんな小細工はして欲しくなかった。

1. G-Man
2. Kim
3. Don't Stop The Carnival
4. Tenor Madness

Sonny Rollins - tenor saxophone
Clifton Anderson - trombone
Mark Soskin - piano
Bob Cranshaw - electric bass
Marvin "Smitty" Smith - drums

Recorded on August 16, 1986 at "Opus 40" in Saugerties, New York.
Track 2: additional recording - tenor saxophone overdubs on April 9, 1987 at Manhattan Recording Studios, NYC.

posted by F.Kubo at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | Sonny Rollins