2017年08月19日

Miles Davis / Volume 2

Miles Davis 195403 Volume 2.JPG

守破離の守のマイルスがここにある。忠実に譜面追いかけるマイルス。だが、この一年後にはWalkin'が誕生し、マイルスジャズが狼煙を上げる。

1. Kelo [alternate take]
2. Kelo
3. Enigma [alternate take]
4. Enigma
5. Ray's Idea [alternate take]
6. Ray's Idea
7. Tempus Fugit
8. Tempus Fugit [alternate take]
9. C.T.A. [alternate take]
10. C.T.A.
11. I Waited For You

Miles Davis - trumpet
J.J. Johnson - trombone
Jimmy Heath - tenor saxphone
Gil Coggins - piano
Percy Heath - bass
Art Blakey - drums

Recorded on April 20, 1953 at WOR Studios, New York City.
posted by F.Kubo at 22:02| Comment(0) | 日記

スイングジャーナル 1968年8月号

Swing Journal 196808_A.JPG

表紙は・・・記載不要。1968年6月15日に心臓発作で急死したウェス・モンゴメリーの特報。この記事に「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」などで成功した後のインタビューが載っている。死の2か月前まである。

「成功はたしかにぼくにとって大切なことにはちがいないが、最大事というわけではない。すべてのものは人間の生き方に関わっているわけだが、ぼくは自分の音楽以外のものに対する興味をおし殺してまで、自分の音楽活動を広げようとはおもわない。音楽は依然としてぼくにとっては趣味なのだ」

コマーシャルリズムに乗らないと言いたいのだろうが、最後の「ぼくにとっては趣味なのだ」は何を言いたかったのだろう。「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」のような音楽は・・・という意味ではないだろうか。原文を読んでみたい。

Swing Journal 196808_B.JPG

posted by F.Kubo at 16:30| Comment(0) | 日記

2017年08月06日

Oliver Nelson / Straight Ahead

Oliver Nelson 196103 Straight Ahead.JPG

ネルソンの水平振幅、ドルフィーの垂直振幅。それぞれのアドリブがぶつかることなく展開されていく。まさしくStraight Ahead。ひたむきな二人の演奏に酔うことができる。

1. Images
2. Six And Four
3. Mama Lou
4. Ralph's New Blues
5. Straight Ahead
6. 111-44

Oliver Nelson - alto saxophone, tenor saxophone, clarinet
Eric Dolphy - alto saxophone, bass clarinet, flute
Richard Wyands - piano
George Duvivier - bass
Roy Haynes - drums

Recorded March 1, 1961 Van Gelder Studio, Englewood Cliffs
posted by F.Kubo at 21:17| Comment(0) | 日記

スイングジャーナル 1968年9月号

Swing Journal 196809_A.JPG

表紙はボビー・ハッチャーソン。最も気になった記事はNEW ROCK。

ジャズ&ポップス誌5月号の読者人気投票で、女性歌手の第1位にジャニス・ジョプリンが他のジャズボーカリストを抑えて躍り出た。この時、ジャニスは25歳。2年後の1970年10月に亡くなっている。ちなみに、男性歌手の第1位はサッチモである。

Swing Journal 196809_B.JPG

posted by F.Kubo at 14:20| Comment(0) | 日記

2017年08月05日

Eric Dolphy / At The Five Spot Vol.2

Eric Dolphy 196107 At The Five Spot 2.JPG

1961年7月16日のファイブ・スポットでのライブ演奏は、5枚のアルバムに分散してリリースされている。At The Five Spot Vol.1, At The Five Spot Vol.2, Here And There, Dash One, Memorial Album。

ドルフィー名義のアルバムは20枚近くあるものの、そのほとんどが死後に発売。この事実からドルフィーは少なくとも生前に正当な評価を受けなかったことが、容易に想像できる。

その中で、このアルバムはPrestige 7294として、生前の1963年後半にリリースされた。当時はどんな評価だったのだろう。

1. Aggression
2. Like Someone In Love

Eric Dolphy - alto saxophone, bass clarinet, flute
Booker Little - trumpet
Mal Waldron - piano
Richard Davis - bass
Ed Blackwells- drums

Recorded July 21, 1961
posted by F.Kubo at 23:39| Comment(0) | 日記

Weather Report / Weather Report (ARC)

Weather Report 198100 Weather Report (ARC).JPG

ウェザーリポートのアルバムの中で最低の出来。タイトルもジャケットもいい加減。録音データも明記されていない。使えそうな音源を集めてアルバムにしたのだろう。なので、一曲一曲は悪くない。だが、方向性は何も見えない。明日の天気は、雨のち晴れときどき曇り。そんな感じ。

結局、ジャコは、このアルバムを最後にウェザー・リポートを脱退。まぁ、分かるような気がする。

1. Volcano For Hire
2. Current Affairs
3. N.Y.C. - Part 1: 41st Parallel - Part 2: The Dance - Part 3: Crazy About Jazz
4. Dara Factor One
5. When It Was Now
6. Speechless
7. Dara Factor Two

Josef Zawinul- electric keyboards, piano, clay drum, drum computer, percussion, voice, horn, woodwind
Wayne Shorter - tenor and soprano saxophones
Jaco Pastorius - bass guitar, percussion, voice
Peter Erskine - drums, drum computer, claves
Robert Thomas, Jr. - percussion

Released January 1982
posted by F.Kubo at 22:29| Comment(0) | 日記

John Coltrane / The Paris Concert

John Coltrane 196211 The Paris Concert.JPG

タイトルは嘘をついてはいない。だが、ある日のパリでのコンサートではない。こういうパッケージの作り方を個人的にパブロ商法と呼んでいる。

1963年11月1日。パリでのコンサートは4曲演奏。だが、アルバム化できる内容は26分を超えるMr. P.C.のみ。この一曲を世に出すために、1962年11月17日のパリでの演奏を突っ込んでリリース。

音源を集めておいて、いい組み合わせが揃ったら販売。福袋的。それでも聴きたくなるMr. P.C.は、真夏の夜を吹き飛ばすか如く疾走。圧巻。

1. Mr. P.C.
2. The Inchworm
3. Everytime We Say Goodbye

John Coltrane - soprano saxophone, tenor saxophone
McCoy Tyner - piano
Jimmy Garrison - bass
Elvin Jones - drums

Recorded at Olympia Theater, Paris on Nov. 17, 1962 (tracks 2,3) / at Salle Pleyel, Paris, Nov. 1, 1963 (track 1)
posted by F.Kubo at 21:34| Comment(0) | 日記

2017年08月02日

Teddy Charles / The Teddy Charles Tentet

Teddy Charles 195601 Tentet.JPG

ひさしぶりのNEWアルバム。このNEWは、LPないしはLPから焼いたCDの買い替えではなく、初めて所有するアルバムと言う意味。それが1956年1月の録音なので、自分的には幻の名盤。

同じ1月末にミンガスが直立猿人を録音している。メンバーは、J.R. MonteroseとMal Waldronがかぶる。言葉が適切ではないがスコア重視のジャズ。綿密な計算をした訳でなく、ラフなスケッチを譜面に落とし、スタジオでセッションを重ねて録音に臨んだのではないだろうか。で、録音は3日を費やした。

それと類するようにレーベルATLANTICにしては、手の込んだジャケット。ならば、タイトルも安易にTentetとせず、一曲目のVibrationsにすれば、ジャケットとの相乗効果があったはずだ。

1. Vibrations
2. The Quiet Time
3. The Emperor
4. Nature Boy
5. Green Blues
6. You Go to My Head
7. Lydian M-1

Art Farmer - trumpet, credited as Peter Urban
Don Butterfield - tuba
Gigi Gryce - alto saxophone
J.R. Monterose - tenor saxophone
George Barrow - baritone saxophone on tracks 2,4-6
Sol Schlinger - baritone saxophone on tracks 1,3,7
Teddy Charles - vibraphone
Mal Waldron - piano
Jimmy Raney - guitar
Teddy Kotick - bass
Joe Harris - drums

Recorded January 6,11,17 1956.

posted by F.Kubo at 22:01| Comment(0) | 日記

2017年07月30日

Thelonious Monk / Monk's Music

Thelonious Monk 195706 Monk's Music.JPG

中古CDを購入して改めて聴き直した。

モンクのアルバムの中で最もユニークなジャケット。完全なる脇見運転。しかも、左手には火のついた煙草が。

"theloniou monk septet with coleman hawkins, art blakey, gigi gryce"と書いてある。コルトレーンは、まだまだオマケみたいな存在だった。演奏の中身もユニーク。というか間違いが多発。それを許してしまったプロデューサーのオリン・キープニューズも太っ腹である。ということで、これがモンクの音楽 - Monk's Music - というタイトルにしたことが、このアルバムの価値を高めている。

アドリブが入るタイミングの間違いなんて取るに足りないこと。ジャズとはそういうものだ。間違いではなく、そうしたかっただけで一件落着。学生時代のジャズ研の頃。「ベースのリズム、走っていないか?」「走りたいから…」それで終わりである。「研究の進捗、遅れていないか?」「じっくりやりたいから…」それで定年退職した。

1. Abide With Me
2. Well You Needn't
3. Ruby, My Dear
4. Off Minor [take 5]
5. Off Minor [take 4]
6. Epistrophy
7. Crepuscule With Nellie [take 6]
8. Crepuscule With Nellie [take 4 & 5]

Thelonious Monk - piano
Ray Copeland - trumpet
Gigi Gryce - alto saxophone
Coleman Hawkins - tenor saxophone
John Coltrane - tenor saxophone
Wilbur Ware - bass
Art Blakey - drums

Recorded June 26, 1957 New York City
posted by F.Kubo at 20:55| Comment(0) | 日記

Sonny Clark / Sonny Clark Trio (Blue Note)

Sonny Clark 195711 Sonny Clark Trio (Blue Note).JPG

105円で中古CDを購入したら、別テイク3曲が追加。それらの曲は、The Art Of The Trioというアルバムに組み込まれていたようだ。

ジャケットはなんとも品がないが、タイトルはThe Art Of The Trioのほうがいい。Timeレーベルでも同じタイトルのアルバムSonny Clark Trioがあって混乱するし。

LPの場合、B面最後にI'll Remember Aprilがあって、そのエンディングが余韻を残すのだが、その後に別テイクが始まってしまうと、ちょっと後味が悪い・・・。

Sonny Clark 195711 The Art Of The Trio.jpg


1. Be-Bop
2. I Didn't Know What Time It Was
3. Two Bass Hit
4. Tadd's Delight
5. Softly As In A Morning Sunrise
6. I'll Remember April
7. I Didn't Know What Time It Was [alternate take]
8. Two Bass Hit [alternate take]
9. Tadd's Delight [alternate take]

Sonny Clark - piano
Paul Chambers - bass
"Philly" Joe Jones - drums

Recorded Rudy Van Gelder Studio, Hackensack, NJ, October 13, 1957
posted by F.Kubo at 16:33| Comment(0) | 日記

2017年07月29日

Eric Dolphy / Here And There

Eric Dolphy 196109 Here And There.JPG

中古CDを購入したらG.W.の別テイクが加わっていた。このアルバムは、正規のアルバムに入らなかった1960年と61年の3つのセッションから寄せ集めたもの。それでも、233円(手数料別)は得した気分。

1. Status Seeking
2. God Bless The Child
3. April Fool
4. G.W.
5. Don't Blame Me

Eric Dolphy - alto sax (tracks 1,4), bass clarinet (track 2), flute (tracks 3,5)
Booker Little - trumpet (track 1)
Mal Waldron - piano (track 1)
Richard Davis - double bass (track 1)
Eddie Blackwell - drums (track 1)
Jaki Byard - piano (track 3)
George Tucker - double bass (tracks 3,4)
Roy Haynes - drums (tracks 3,4)
Freddie Hubbard - trumpet (track 4)
Bent Axen - piano (track 5)
Erik Moseholm - double bass (track 5)
Jorn Elniff - drums (track 5)

Recorded tracks 1 and 2 on July 16, 1961, Five Spot, New York City
Recorded tracks 3 and 4 on April 1, 1960, Van Gelder Studio, Englewood Cliffs
Recorded track 5 on September 6, 1961, Berlingske Has, Copenhagen
posted by F.Kubo at 16:44| Comment(0) | 日記

スイングジャーナル 1968年10月号

Swing Journal 196810_A.JPG

表紙はジム・ホール。今やジャズ評論家の第一人者となった悠雅彦氏の処女作がここにある。50年近く経った今読んでも、その鋭い視点には驚かされる。

Swing Journal 196810_B.JPG

posted by F.Kubo at 16:13| Comment(0) | 日記

2017年07月23日

Sonny Rollins / What's New

Sonny Rollins 196205 What's New.JPG

版権の理由なのだろうか、国内盤LPではDon't Stop The Carnivalが一曲目に配置されているが、輸入盤CDではこの曲が落ちていて、なんとも腑に落ちないアルバム。

海外のロリンズの大ファンは、日本盤アルバムを購入している?

1. If Ever I Would Leave You
2. Jungoso
3. Bluesong
4. The Night Has a Thousand Eyes
5. Brown Skin Girl

Sonny Rollins - tenor saxophone
Jim Hall - guitar (tracks 1,4,5)
Bob Cranshaw - bass
Ben Riley - drums (tracks 1,4,5)
Dennis Charles, Frank Charles, Willie Rodriguez - percussion (tracks 1,4,5)
Candido - percussion (tracks 2,3)

Recorded in New York City on April 5 (track 4), 25 (track 1), 26 (track 5) and May 14 (tracks 2,3), 1962
posted by F.Kubo at 15:55| Comment(0) | 日記

John Coltrane / Giant Steps

John Coltrane 195905 Giant Steps.JPG

安価な中古CDを見つけたので購入。LPに対して5曲の別テイクが追加。

Giant StepsとNaimaは1959年4月にシダー・ウォルトンのピアノで録音している。だが、LPには採用されず、それぞれトミー・フラナガンとウィントン・ケリーに取って代わった。

このCDはウォルトンにとって酷なアルバムである。ボツになったセッションが世に出たので、聴き比べられてしまうのだ。Giant Stepsと複数形になっている理由はここにあった?

1. Giant Steps
2. Cousin Mary
3. Countdown
4. Spiral
5. Syeeda's Song Flute
6. Naima
7. Mr. P.C.
8. Giant Steps [alternate take]
9. Naima [alternate take]
10. Cousin Mary [alternate take]
11. Countdown [alternate take]
12. Syeeda's Song Flute [alternate take]

John Coltrane - tenor saxophone
Tommy Flanagan - piano
Wynton Kelly - piano on "Naima"
Paul Chambers - bass
Art Taylor - drums
Jimmy Cobb - drums on "Naima"
Cedar Walton - piano on "Giant Steps' and Naima" alternate take
Lex Humphries - drums on "Giant Steps' and Naima" alternate take

Recorded April 1 (tracks 8,9), May 4 (tracks 3,4,11), May 5 (tracks 1,2,5,7,10,12), December 2 (track 6), 1959
posted by F.Kubo at 14:58| Comment(0) | 日記

スイングジャーナル 1968年11月号

Swing Journal 196811_A.JPG

表紙はリー・モーガン。ゴールド・ディスク第18弾として、テディ・チャールスのテンテットが選ばれた。

昔、ジャズ喫茶で聴いた記憶があるが思い出せない。ジャケットにインパクトはあったことは覚えている。で、購入は無理だと思いながらアマゾンで調べてみると、新品の廉価版を発見。昨日注文して、さっき届いた。

解説の久保田高司氏は「実験」という言葉を多用しているが、計算され尽くした緊張感と反論したい。

Swing Journal 196811_B.JPG

posted by F.Kubo at 13:32| Comment(0) | 日記

2017年07月17日

John Coltrane / The Olatunji Concert - The Last Live Recording

John Coltrane 196704 The Olatunji Concert - The Last Live Recording.JPG

7月17日に肝臓癌で亡くなる3ヶ月前の4月23日のライブ録音。5月7日にボルチモアでコンサート、5月17日にスタジオ録音を行っているが、そのどちらも音源は残っていない。

この日がアルバム化された最後の演奏である。Ogundeは28分25秒、My Favorite Thingsが34分38秒。トレーンの肉体はもうボロボロだったに違いない。それでも全く手を緩めない。

このアルバムはファーストセット、セカンドセットではTunjiとA Love Supreme: Part I - Acknowledgementを演奏している。ただし、プライベートテープのため未発表。没後50年でリリースされるかと期待していたのだが…。

1. Introduction by Billy Taylor
2. Ogunde
3. My Favorite Things

John Coltrane - soprano saxophone, tenor saxophone
Rashied Ali - drums
Alice Coltrane - piano
Algie DeWitt - bata drum
Jimmy Garrison - bass
Pharoah Sanders - tenor saxophone
Juma Santos - percussion

Recorded April 23, 1967, Olatunji Center of African Culture, New York City, New York, United States
posted by F.Kubo at 17:50| Comment(0) | 日記

John Coltrane / Coltrane Time

John Coltrane 195810 Coltrane Time.JPG

今日がちょうど没後50年。それに相応しいアルバム・タイトル。

しかしながら、何とも地味なジャケット。煙草を吸いながら視線が泳ぐトレーン。煙草の煙も勢いがない。

このアルバムの最大の特徴は、鬼才セシル・テイラーとの共演である。自分の知る限り二人の共演はこのアルバムのみ。タイトルをTrane and Taylorにして、トランペットのケニー・ドーハムを外せば、全く違った印象のアルバムになっただろう。

1. Shifting Down
2. Just Friends
3. Like Someone In Love
4. Double Clutching

John Coltrane - tenor saxophone
Cecil Taylor - piano
Kenny Dorham - trumpet
Chuck Israels - bass
Louis Hayes - drums

Recorded in New York City on October 13, 1958.
posted by F.Kubo at 14:49| Comment(0) | 日記

Milt Jackson / Bags & Trane

Milt Jackson 195901 Bags & Trane.JPG

1967年7月17日。ジョン・コルトレーン他界、享年40歳。今日がちょうど没後50年。

1. Bags & Trane
2. Three Little Words
3. The Night We Called It A Day
4. Be-Bop
5. The Late Late Blues

Milt Jackson - vibraphone
John Coltrane - tenor saxophone
Hank Jones - piano
Paul Chambers - bass
Connie Kay - drums

Recorded January 15, 1959 Atlantic Studios, New York City
posted by F.Kubo at 13:11| Comment(0) | 日記

2017年07月16日

Miles Davis / Volume 1

Miles Davis 195304 Volume 1.JPG

LP時代のVolume1と2を寄せ集め、新たにCDの1と2を作り、曲の構成はリセット。ジャズの老舗レーベルBlue Noteとは言え、ときにはいい加減なアルバム作りをする。

LPのVol.1に入っていた曲が、CDのVol.1では聴く事が出来ない。逆もしかり。2枚組CDで再発すべきだった。

マイルスファンがこのアルバムを通して聴きたいのは、50年代前半の彼のトランペット。マーケットをちゃんと見ていないBlue Noteの終焉を現すアルバム。

1. Dear Old Stockholm
2. Chance It [alternate take]
3. Chance It
4. Donna [alternate take]
5. Donna
6. Woody'n You [alternate take]
7. Woody'n You
8. Yesterdays
9. How Deep Is the Ocean
10. Take Off
11. Lazy Susan
12. The Leap
13. Well You Needn't
14. Weirdo
15. It Never Entered My Mind

Tracks 1-9 / Recorded at WOR Studios, NYC, May 9, 1952.
Miles Davis - trumpet
J.J.Johnson - trombone
Jackie Mclean - alto saxophone
Gil Coggins - piano
Oscar Pettiford - bass
Kenny Clarke - drums

Tracks 10-15 / Recorded at Rudy Van Gelder Studio, Hackensack, NJ, March 6, 1954
Miles Davis - trumpet
Horace Silver - piano
Percy Heath - bass
Art Blakey - drums
posted by F.Kubo at 21:15| Comment(0) | 日記

Charles Mingus / Changes Two

Charles Mingus 197412 Changes Two.JPG

Changes Oneの続編。最初から2枚のアルバムを出す構想だったのか、演奏の出来が良く録音を追加したのか。いずれにしても、ミンガス自らが変化することに踏み出したアルバムChangesである。

1. Free Cell Block F, 'Tis Nazi U.S.A.
2. Orange Was the Color of Her Dress, Then Silk Blue
3. Black Bats and Poles
4. Duke Ellington's Sound Of Love
5. For Harry Carney

Charles Mingus - bass
Jack Walrath - trumpet
George Adams - tenor saxophone
Don Pullen - piano
Dannie Richmond - drums
Marcus Belgrave - trumpet on "Duke Ellington's Sound of Love"
Jackie Paris - vocals on "Duke Ellington's Sound of Love"

Recorded at Atlantic Recording Studios, New York City, on December 27, 28 & 30, 1974.
posted by F.Kubo at 17:42| Comment(0) | 日記

Miles Davis / Sketches Of Spain

Miles Davis 196003 Sketches Of Spain.JPG

最近、中古CDで買い直したけれど、自分が所有する90枚のマイルのアルバムの中で最低。どうも、ギル・エバンスとの相性が自分は悪いのだろうか。

入念に創り込まれたスコアを、多くのミュージシャンが間違わないように演奏しているだけ。そう感じてしまうのだ。

1. Concierto De Aranjuez
2. Will O' The Wisp
3. The Pan Piper
4. Saeta
5. Solea

Danny Bank - bass clarinet
Bill Barber - tuba
John Barrows - french horn
Albert Block - flute
James Buffington - french horn
Eddie Caine - flute, flugelhorn
Paul Chambers - bass
Earl Chapin - french horn
Jimmy Cobb - drums
Johnny Coles - trumpet
Miles Davis - trumpet, flugelhorn
Gil Evans - arranger, conductor
Harold Feldman - clarinet, flute, oboe
Bernie Glow - trumpet

Dick Hixon - trombone
Elvin Jones - percussion
Taft Jordan - trumpet
Jack Knitzer - bassoon
Jose Mangual - percussion
Jimmy McAllister - tuba
Tony Miranda - french horn
Louis Mucci - trumpet
Romeo Penque - oboe
Janet Putnam - harp
Frank Rehak - trombone
Ernie Royal - trumpet
Joe Singer - french horn

Recorded November 20, 1959; March 10, 1960, Columbia 30th Street Studio, New York
posted by F.Kubo at 16:34| Comment(0) | 日記

Bud Powell / The Genius Of Bud Powell

Bud Powell 195102 The Genius Of Bud Powell.JPG

LPに対して、CDはTea For Twoの別テイク2曲が追加され、曲順も大幅に変更になった。それはともかく、これを含めた前後のアルバムタイトルにGiant、Genius、Amagingと形容詞が並ぶ。

Giant x Genius x Amaging = Crazy

1. Tea For Two [alternate take]
2. Tea For Two
3. Tea For Two [alternate take]
4. Hallelujah
5. Parisian Thoroughfare
6. Oblivion
7. Dusk In Sandi
8. Hallucinations
9. The Fruit
10. A Nightingale Sang In Berkeley Square
11. Just One Of Those Things
12. The Last Time I Saw Paris

July 1, 1950, New York, tracks 1-4
Bud Powell - piano
Ray Brown - bass
Buddy Rich - drums

February 1951, New York, tracks 5-12
Bud Powell - piano
posted by F.Kubo at 15:45| Comment(0) | 日記

スイングジャーナル 1968年12月号

Swing Journal 196812_A.JPG

表紙はゲイリー・バートン。

新宿のジャズ喫茶「木馬」が、連載記事ハイ・ファイ診断で紹介されている。学生の頃、新宿のディスクユニオンで中古レコードを漁った後に、木馬にはよく立ち寄った。

店内に流れるジャズは決して自分の好みではなかったものの、広い空間と様々なアンティークに囲まれ、ゆっくりと本を読むことができた。何年ごろまで木馬は存在していたのだろう。

Swing Journal 196812_B.JPG

posted by F.Kubo at 15:20| Comment(0) | 日記

2017年07月09日

Wes Montgomery / Incredible Jazz Guitar

Wes Montgomery 196001 Incredible Jazz Guitar.JPG

アルバムタイトルは「驚くべきジャズギター」だろうか。

しかし、ウエス自身は気恥ずかしかったに違いない。「オレ、ジャズが好きで、ギターが好きで、一生懸命に練習してきたんだ。"Incredible"とか言われてもなぁ。そういうタイトルでレコードが売れて、生活が楽になれば、まぁいいけど」

たぶん、そんな気持ちだったのでは。なので「やるじゃん、このジャズギター野郎」。

1. Airegin
2. D-Natural Blues
3. Polka Dots And Moonbeams
4. Four On Six
5. West Coast Blues
6. In Your Own Sweet Way
7. Mister Walker
8. Gone With The Wind

Wes Montgomery - electric guitar
Tommy Flanagan - piano
Percy Heath - bass
Albert Heath - drums

Recorded January 26-27, 1960 at Reeves Sound Studios, New York City
posted by F.Kubo at 18:23| Comment(0) | 日記

Sarah Vaughan / Crazy And Mixed Up

Sarah Vaughan 198203 Crazy And Mixed Up.JPG

このアルバムの邦題は「枯葉」。あえて邦題を付けた理由は定かではない。しかも「枯葉=Autumn Leaves」はアルバムに含まれていない。

3曲目のタイトルはAutumn Leavesではあるものの、その原曲の姿はどこにもない。この曲のイメージをスキャットだけで表現。大胆不敵とも言える唄いっぷりである。

1. I Didn't Know What Time It Was
2. That's All
3. Autumn Leaves
4. Love Dance
5. The Island
6. Seasons
7. In Love In Vain
8. You Are Too Beautiful

Sarah Vaughan - vocals
Roland Hanna - piano
Joe Pass - guitar
Andy Simpkins - bass
Harold Jones - drums

Recorded March 1 & 2 1982, Los Angeles
posted by F.Kubo at 17:28| Comment(0) | 日記

スイングジャーナル 1969年1月号

Swing Journal_A.JPG

表紙はニーナ・シモン。

新年号ながら面白い記事はない。その中で、ジャズ喫茶ハイ・ファイ診断という連載記事のターゲットは野毛の「ちぐさ」。しかし、店主・吉田衛氏のインタビューもなく、単なるオーディオ装置の紹介に留まっている。私ならば、オーディオのみならず、収集したレコードや店の内装などのこだわりを店主から聞き出すのだが。

そう言えば「ちぐさ」はご無沙汰している。理由は退職。パシフィコ横浜での展示会の行き帰りには必ず寄っていたのだが。

Swing Journal_B.JPG

posted by F.Kubo at 15:49| Comment(0) | 日記

Sonny Rollins / Tenor Madness

Sonny Rollins 195605 Tenor Madness.JPG

ロリンズとコルトレーンとの共演は、唯一このアルバムだけと言われていて、しかも表題曲のみ。

”共に”演奏しているかと言うと、トレーンがスタジオに現われたので、「一曲ぐらい吹いて行けよ」と先輩格のロリンズが挨拶代わりに声を掛けたと想像したい。で、その通り一曲のみの参加という屈辱を味わい、もの凄い練習に励んだ。結果、最高峰へ。つまり、この日の屈辱がなければ、その後のジャズは新たな変革を迎えなかった。思い込みが過ぎるだろうか。

1. Tenor Madness
2. When Your Lover Has Gone
3. Paul's Pal
4. My Reverie
5. The Most Beautiful Girl In The World

Sonny Rollins - tenor saxophone
John Coltrane - tenor saxophone (track 1)
Philly Joe Jones - drums
Red Garland - piano
Paul Chambers - bass

Recorded May 24, 1956 Van Gelder Studio, Hackensack
posted by F.Kubo at 14:17| Comment(0) | 日記

2017年07月08日

Thelonious Monk / Solo Monk

Thelonious Monk 196505 Solo Monk.JPG

何かを決めることにエネルギーを費やしてきた生活から離れて半年。なんちゃら会議に持って行く資料に何万回とキーボードを叩き、下書きを何千枚プリントし、マウスを何キロ走らせたのだろうか。

決めるのは自分、実行するのも自分。頭と体の回転数がようやく合ってきた。で、今夜はモンクのソロ。

モンクのソロアルバムは数枚あるが、このアルバムはたぶん最後になるはず。ジャケットが最高にいい。単独飛行(ソロアルバム)は、オレらしいだろうと言っている雰囲気。ただし、ちょっと緊張気味かな。モンクの内面を現しているようだ。

1. Dinah
2. I Surrender, Dear
3. Sweet And Lovely
4. North Of The Sunset
5. Ruby, My Dear
6. I'm Confessin' (That I Love You)
7. I Hadn't Anyone Till You
8. Everything Happens To Me
9. Monk's Point
10. I Should Care
11. Ask Me Now
12. These Foolish Things (Remind Of You)
13. Introspection

Thelonious Monk - piano

Recorded October 31, 1964 - March 2, 1965
posted by F.Kubo at 22:02| Comment(0) | 日記

2017年07月06日

Chicago / Chicago II

Chicago 197000 Chicago II.JPG

改めてデータを見たら1969年8月録音。日本では大阪万博で「こんにちは こんにちは 西のくにから・・・」と三波春夫が歌っている前年に、米国ではブラス・ロックが台頭し始めていた。

シカゴの音楽を辿る前に、何故に万博は三波春夫だったのか考えてしまう。

1. Movin' In
2. The Road
3. Poem For The People
4. In The Country
5. Wake Up Sunshine
* Ballet For A Girl In Buchannon (tks 6-12):
6. Make Me Smile
7. So Much To Say, So Much To Give
8. Anxiety's Moment
9. West Virginia Fantasies
10. Colour My World
11. To Be Free
12. Now More Than Ever
13. Fancy Colour
14. 25 or 6 to 4
15. Prelude
16. A.M.Morning
17. P.M.Morning
18. Memories Of Love
* It Better End Soon (tks 19-23):
19. 1st Movement
20. 2nd Movement
21. 3rd Movement
22. 4th Movement
23. Where Do We Go From Here
* Bonus Selections:
24. Make Me Smile (single version)
25. 25 or 6 to 4 (single version)

Peter Cetera - bass, vocals
Terry Kath - guitar, vocals
Robert Lamm - keyboard, vocals
Lee Loughnane - trumpet, vocals
James Pankow - trombone
Walter Parazaider - woodwinds, vocals
Danny Seraphine - drums

Recorded August 1969, Columbia Recording Studios, New York and Hollywood
posted by F.Kubo at 23:31| Comment(0) | 日記

2017年07月01日

スイングジャーナル 1969年2月号

Swing_Journal_196902_A.JPG

2回目のディスク大賞は、金賞がオーネット・コールマンのクロイドン・コンサート。銀賞がセシル・テイラーのコンクイスタドール、そしてマル・ウォルドロンのオール・アローン。

表紙がエルビン・ジョーンズ、アルバート・アイラーのインタビュー記事もあり、コルトレーン死後の新たなジャズの時代が動き出していた。

Swing_Journal_196902_B.JPG

posted by F.Kubo at 18:16| Comment(0) | 日記