2018年01月18日

2018年01月16日

「徒然ディラン No.1」 Blowin' In The Wind

Blowin' In The Wind.jpg

Bob Dylan 197401 Before The Flood_600.jpg

さて、どこまで続けられるか不安ながら、ディランの曲を書き続けていくことにした。

タイトルは「徒然ディラン」。新たにブログを立ち上げてもよいのだが、「日々JAZZ的」の「的」に紛れ込ますことにした。初回は「風に吹かれて」。

ディラン自身が歌っていないのを含めて、この歌は15アルバムに収められている。極めつけは間違いなくBefore The Flood。

そもそも、「風に吹かれて」という日本語タイトルは、昔から受け身で緩い感じだった。地を這うつむじ風に向かって、答えを見い出さなければならない本質をディランは引き出したはずなのに。

Before The Floodでは、絞るような声でその気持ちを歌い切った。


posted by F.Kubo at 22:22| Comment(0) | 日記

2018年01月14日

Bob Dylan / Documentary Series Vol.3 - Both Ends Of Rainbow

Bob Dylan Documentary Series 3A - Both Ends Of Rainbow.JPG

1980年代のディランの苦悩をよく捉えている。

英語圏の人は、歌詞とメロディでディランを追いかける。だが、自分はメロディと声で追いかけるしかない。歌詞を英語のまま理解しよとする回路は働くが、その速度を越えてディランの声が頭上から降り注ぐ。

80年代のディラン、決して悪くない。

posted by F.Kubo at 16:44| Comment(0) | 日記

スイングジャーナル 1968年2月号

Swing_Journal_196802_A.JPG

Swing_Journal_196802_B.JPG

Swing_Journal_196802_C.JPG

表紙は説明不要のデューク・エリントン。第一回ジャズディスク大賞の特集記事。そして、ミンガスと秋吉敏子のツーショット。ちょうど50年前の出来事である。

posted by F.Kubo at 14:11| Comment(0) | 日記

2018年01月13日

ディラン歌集第1版完成(自家製非売品)

所有する2,000枚近いアルバムリスト(A4サイズ1,778ページ)が完成したので、ディランの歌集に取りかかった。約2ヵ月で第1版が作成できた。1,021ページ。アルバムと収録曲をリンクさせ、使いやすい形態にした。

アルバム数67、全収録曲1,737、歌詞数679。これから一曲ずつ分析を進めていく。

Dylan_A.jpg


Dylan_B.jpg

posted by F.Kubo at 14:09| Comment(0) | 日記

2017年12月31日

Bob Dylan / 1978-1989 Both Ends Of The Raindow

Bob Dylan 1978-1989 Both Ends Of The Raindow.JPG

まるで学芸会のようなコーハクはいい加減にして欲しい。見ない人には受信料を半額返却すべき。

で、2017年の最後はディランのDVDで閉じることにした。このDVDは1980年代のディランの苦悩をよく捉えている。

英語圏の人は、当然ながら歌詞とメロディでディランを追いかける。だが、非英語圏である自分はメロディと声で追いかけるしかない。歌詞を英語のままで理解しよとする回路は働くが、その速度を越えてディランの声が頭上から降り注いでくる。

80年代のディラン。決して悪くない。

posted by F.Kubo at 23:05| Comment(0) | 日記

2017年12月30日

12/29 渡辺文男バースデーライブ / 町田Nica's

79歳誕生日。現役ドラマー。峰厚介、鈴木良雄、山本剛、渡辺文男。

IMG_9819_BW.JPG

IMG_9828_BW.JPG

Nica's_20171229.jpg

posted by F.Kubo at 14:29| Comment(0) | 日記

2017年12月25日

Miles Davis / My Funny Valentine

Miles Davis 196402 My Funny Valentine.JPG

冬空に突き刺すマイルスのトランペット。アルバムFour & Moreと同日の録音。Four & Moreが「動」、My Funny Valentineが「静」。

1. My Funny Valentine
2. All Of You
3. Stella by Starlight
4. All Blues
5. I Thought About You

Miles Davis - trumpet
George Coleman - tenor saxophone
Herbie Hancock - piano
Ron Carter - bass
Tony Williams - drums

Recorded Live On February 12,1964, At Lincoln Center's, Philharmonic Hall
posted by F.Kubo at 22:53| Comment(0) | 日記

2017年12月10日

Charles Mingus 195708 Tijuana Moods

Charles Mingus 195708 Tijuana Moods.JPG

ミンガス初期の変曲点となる9人構成で臨んだアルバム。ミンガスが思い描いた重厚なジャズ。そこへ一歩踏み出した。だが、ジャケットは何を伝えようとしたのか。邦題も「メキシコの想い出」などと軽く表記してしまった。

1. Dizzy Moods
2. Ysabel's Table Dance
3. Tijuana Gift Shop
4. Los Mariachis (The Street Musicians)
5. Flamingo
6. A Colloquial Dream (Scenes In The City)

Curtis Porter (Shafi Hadi) - alto saxophone
Clarence Shaw - trumpet
Jimmy Knepper - trombone
Bill Triglia - piano
Charles Mingus - bass
Dannie Richmond - drums
Frankie Dunlop - percussion
Ysabel Morel - castanets
Lonnie Elder - voices

Recorded on July 18 and August 6, 1957 at RCA Victor's Studio A, NYC.
posted by F.Kubo at 22:48| Comment(0) | 日記

スイングジャーナル 1968年4月号

Swing_Journal_196804_A.JPG

表紙はアルバート・アイラー。岩浪洋三氏は、「変貌するマイルス・デヴィス5重奏団」のタイトルで1960年代後半のマイルス・グループを絶賛し、さらに前進していくだろうと期待を寄せている。

しかし、翌年の1969年には"In A Silent Way"、そして"Bitches Brew"が録音される。すなわち岩浪氏は「変貌する・・・」と自分で書きながら、5重奏団で前進していくと見誤った。と、今だから言えるのである。

Swing_Journal_196804_B.JPG

posted by F.Kubo at 16:45| Comment(0) | 日記

2017年12月09日

Charles Lloyd / The Water Is Wide

Charles Lloyd 199912 The Water Is Wide.JPG

ロイド、60歳を過ぎてからの演奏。完全に肩の力が抜けている。内に秘めたる気持ちをサックスを通して純粋に表現。さて、還暦を過ぎた自分はどうだろうか。

1. Georgia
2. The Water Is Wide
3. Black Butterfly
4. Ballade And Allegro
5. Figure In Blue
6. Lotus Blossom
7. The Monk And The Mermaid
8. Song Of Her
9. Lady Day
10. Heaven
11. There Is A Balm In Gilead
12. Prayer

Charles Lloyd - tenor saxophone
John Abercrombie - guitar
Brad Mehldau - piano
Larry Grenadier - bass
Billy Higgins - drums
Darek Oles - bass (track 12)

Recorded in December 1999 at Cello Studios, Los Angeles.
posted by F.Kubo at 20:53| Comment(0) | 日記

2017年12月03日

Cecil Taylor / Silent Tongues

Cecil Taylor 197407 Silent Tongues.JPG

モントルー・ジャズ・フェスティバルでのピアノソロによる一時間近い圧倒的なパフォーマンス。

一つの素材を縦横無尽に展開していく。テイラー自身は、展開させる数式が頭の中に入っていて、決して手癖で演奏しているのではない。これを「テイラーの定理」という。

1. Abyss (First Movement) / Petals And Filaments (Second Movement) / Jitney (Third Movement)
2. Crossing Part 1 (Fourth Movement Part 1)
3. Crossing Part 2 (Fourth Movement Part 2)
4. After All (Fifth Movement)
5. Jitney No.2
6. After All No.2

Cecil Taylor - piano

Recorded on July 2, 1974 at Montreux.
posted by F.Kubo at 16:22| Comment(0) | 日記

Bob Dylan / Christmas In The Heart

Bob Dylan 200911 Christmas In The Heart.JPG

ノーベル文学賞のディランが、クリスマスソングを唄った。飢餓支援のためのアルバムで、その収益は永続的に寄付される。ジャケット裏にはグラマーなサンタ。

1. Here Comes Santa Claus
2. Do You Hear What I Hear?
3. Winter Wonderland
4. Hark The Herald Angels Sing
5. I'll Be Home For Christmas
6. Little Drummer Boy
7. The Christmas Blues
8. O' Come All Ye Faithful (Adeste Fideles)
9. Have Yourself A Merry Little Christmas
10. Must Be Santa
11. Silver Bells
12. The First Noel
13. Christmas Island
14. The Christmas Song
15. O' Little Town Of Bethlehem
posted by F.Kubo at 13:42| Comment(0) | 日記

2017年12月02日

Carla Bley / Live!

Carla Bley 198108 Live!.JPG

邦題は「艶奏会」。演奏内容をうまく表現し、ジャケットも決まっている。大型コンボがはじけ飛ぶ。フリージャズの女戦士のような役割を担ってきたカーラ・ブレイ。彼女自身が自由になったアルバム。

1. Blunt Object
2. The Lord Is Listenin' To Ya, Hallelujah!
3. Time And Us
4. Still In The Room
5. Real Life Hits
6. Song Sung Long

Carla Bley - organ, piano, glockenspiel
Michael Mantler - trumpet
Steve Slagle - alto saxophone, soprano saxophone, flute
Gary Valente - trombone
Steve Swallow - bass
Arturo O'Farrill - orugan, piano
D.Shape - drums
Tony Dagradi - tenor saxophone
Vincent Chancey - fluegelhorn
Earl McIntyer - tuba, bass trombone

Recorded on August 19, 20 & 21, 1981 at The Great American Music Hall, San Francisco, CA.
posted by F.Kubo at 16:37| Comment(0) | 日記

2017年11月27日

Cannonball Adderley / Cannonball's Bossa Nova

Cannonball Adderley 196212 Cannonball's Bossa Nova.JPG

キャノンボールの本質は、解放された感覚になるボサノバにある気がする。セルジオ・メンデスがピアノというのも見逃せない。

1. Clouds
2. Minha Saudades
3. Corcovado
4. Batida Diferentes
5. Joyce's Sambas
6. Groovy Sambas
7. O Amor Em Paz (Once I Loved)
8. Samops

Cannonball Adderley - alto saxophone
Paulo Moura - alto saxophone
Pedro Paulo - trumpet
Sergio Mendes - piano
Durval Ferreira - guitar
Octavio Bailly, Jr. - bass
Dom Um Romao - drums

Recorded on December 7, 10 & 11, 1962 in NYC.
posted by F.Kubo at 23:02| Comment(0) | 日記

2017年11月26日

Cannonball Adderley / Cannonball Adderley Quintet In Chicago

Cannonball Adderley 195902 Cannonball Adderley Quintet In Chicago.JPG

親分のマイルスを抜かしたメンバーで録音されたアルバム。全体にリラックスしたムードが漂ってくる。ところがである。改めてジャケットを見ると、サックスはアルトではなくテナー、いやバリトンぐらいの大きさで、右手のシルエットが見える。「マイルス、メンバーをお借りしました」という懺悔なのか。

1. Limehouse Blues
2. Stars Fell On Alabama
3. Wabash
4. Grand Central
5. You're A Weaver Of Dreams
6. The Sleeper

Cannonball Adderley - alto saxophone (tracks 1-4,6)
John Coltrane - tenor saxophone (tracks 1,3-6)
Wynton Kelly - piano
Paul Chambers - bass
Jimmy Cobb - drums

Recorded on February 3, 1959 at Universal Recorders Studio B, Chicago.

Cannonball Adderley 195902 Cannonball Adderley Quintet In Chicago_Part.JPG

posted by F.Kubo at 20:32| Comment(0) | 日記

スイングジャーナル 1968年5月号

Swing Journal 196805_A.JPG

表紙はチャールス・ロイド。気になる記事を一つ見つけた。オノ・ヨーコが、1968年2月29日にロンドンのロイヤル・アルバート・ホールでのオーネット・コールマンのコンサートに客演したとのこと。しかも、かなり過激な内容であったらしい。まさか、録音は残っていないだろうと思ったが、コールマンのディスコグラフィーに掲載。

Yoko Ono Plastic Ono Band (Apple SAPCOR 17)
Ornette Coleman - trumpet, violin
Charlie Haden, David Izenzon - bass
Ed Blackwell - drums
Yoko Ono - vocals

Emotion Modulation (A.O.S.)

Recorded at "Royal Albert Hall", London, England, February 29, 1968.

Swing Journal 196805_B.JPG

posted by F.Kubo at 17:25| Comment(0) | 日記

2017年11月25日

Buddy Tate / Tate A Tete

Buddy Tate 197509 Tate A Tete.JPG

テテ・モントリューの弾むピアノ、バイオリンの味付け、興が乗って唄い出したバディ・テイト。スイング感たっぷりのコペンハーゲンでのライブ。

1. Stompin' At The Savoy
2. Body And Soul
3. Buddy's Blues
4. Broadway
5. Just You, Just Me
6. In A Mellow Tone
7. I Surrender, Dear

Buddy Tate - tenor saxophone, vocal (track 3)
Tete Montoliu - piano
Bo Stief - bass
Svend-Erik Norregaard - drums
Finn Ziegler - violin (tracks 3,6)

Recorded on September 24, 1975 at La Fontaine, Copenhagen, Denmark.
posted by F.Kubo at 16:07| Comment(0) | 日記

2017年11月24日

Jim Hall / Alone Together

Jim Hall 197208 Alone Together.JPG

Alone Togetherのベースラインをジャズ研時代によく練習した。自分のトレーニング・アルバム。

1. St. Thomas
2. Alone Together
3. Receipt, Please
4. I'll Remember April
5. Softly, As In A Morning Sunrise
6. Whose Blues
7. Prelude To A Kiss
8. Autumn Leaves

Jim Hall - guitar
Ron Carter - bass

Recorded on August 4, 1972 at The Jazz Adventures Concert, Playboy Club, NYC.
posted by F.Kubo at 21:55| Comment(0) | 日記

Bud Powell / Bud Powell In Paris

Bud Powell 196302 Bud Powell In Paris.JPG

ジャズのスタンダードをパリで録音したパウエル。残念ながら、緊張感もないし解放感もない。

1. How High The Moon
2. Dear Old Stockholm
3. Body And Soul
4. Jor-Du
5. Reets And I
6. Satin Doll
7. Parisian Thoroughfare
8. I Can't Get Started
9. Little Benny
10. Indiana
11. Blues In B Flat

Bud Powell - piano
Gilbert Rovere - bass
Kansas Fields - drums

Recorded in February 1963 in Paris.
posted by F.Kubo at 18:39| Comment(0) | 日記

2017年11月19日

坂田明 / 貝殻節

坂田明 200010 貝殻節.JPG

昨日、ココファームの収穫祭で坂田明を聴いた。彼の生演奏を聴くのは久しぶり。十八番の「赤とんぼ」と、仕上げは坂田自身が唄う「会津磐梯山」。

そして、このアルバムを思い出した。2003年12月27日。坂田明が町田のお寺で演奏した時に本人から購入。演奏の後、坂田と一緒に飲んだ。

1. Kaigara-Bush - remix
2. Kaigara-Bush - original

Akira Sakata - vocals, alt saxophone, synthesizer
Bill Laswell - electirc bass, synthesizer bass
Pete Cosey - electric guitar
Hamid Drake - drums, conga

Recorded on October 17 & 18, 2000
posted by F.Kubo at 16:10| Comment(0) | 日記

2017年11月14日

Bobby Hutcherson / Happenings

Bobby Hutcherson 196602 Happenings.JPG

余韻が残るバイブの音と、鍵盤から叩きだされるピアノの音が、空気を凍らせるような緊張感を引き出す。

1. Aquarian Moon
2. Bouquet
3. Rojo
4. Maiden Voyage
5. Head Start
6. When You Are Near
7. The Omen

Bobby Hutcherson - vibraphone, marimba
Herbie Hancock - piano
Bob Cranshaw - bass
Joe Chambers - drums

Recorded on February 8, 1966 at Rudy Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, New Jersey.
posted by F.Kubo at 23:12| Comment(0) | 日記

2017年11月13日

Bob Brookmeyer / Bob Brookmeyer And Friends

Bob Brookmeyer 196405 Bob Brookmeyer And Friends.JPG

ある意味、オールスター・セッション。だからと言って、それぞれが自己主張している訳ではない。

1. Jive Hoot
2. Misty
3. The Wrinkle
4. Bracket
5. Skylark
6. Sometime Ago
7. I've Grown Accustomed To Her Face
8. Who Cares?
9. Day Dream
10. Time For Two
11. Pretty Girl

Bob Brookmeyer - valve trombone
Stan Getz - tenor saxophone
Gary Burton - vibraphone
Herbie Hancock - piano
Ron Carter - bass
Elvin Jones - drums
Tony Bennett - vocals (track 9)

Recorded on May 25, 26 & 27, 1964 at 30th Street Studio, NYC.
posted by F.Kubo at 22:14| Comment(0) | 日記

2017年11月12日

Blue Mitchell / Blue's Moods

Blue Mitchell 196008 Blue's Moods.JPG

心に染み入るミッチェルのトランペット。選曲良し、曲順良し、ジャケットにもう一工夫あれば更に良し。

1. I'll Close My Eyes
2. Avars
3. Scrapple From The Apple
4. Kinda Vague
5. Sir John
6. When I Fall In Love
7. Sweet Pumpkin
8. I Wish I Knew

Blue Mitchell - trumpet, cornet
Wynton Kelly - piano
Sam Jones - bass
Roy Brooks - drums

Recorded on August 24 & 25, 1960 at Plaza Sound Studios, NYC.
posted by F.Kubo at 18:13| Comment(0) | 日記

2017年11月09日

Billy Harper / Love On The Sudan

Billy Harper 197706 Love On The Sudan_2048.JPG

仕事の方向性が見えてきたので、精神的に落ち着いてきた。で、「日々JAZZ」を本格的に再開。気象転結ばかりでは、フラストレーションが溜まる。再開第一弾はビリー・ハーパー。ドスンと胸に響くアルバム。所有するアルバムのブログは2周り目ととなるので、一行で簡潔に書くことにした。ワンラインブログ。

サックスを持つごっついハーパーの両手がジャケットで強調され、このアルバムを見事に表現。

1. The Awakening
2. Priestess
3. Love On The Sudan

Billy Harper - tenor saxophone
Everett Hollins - trumpet
Mickey Tucker - piano
Gregg Maker - bass
Malcom Pinson- drums

Recorded on June 27, 29 & 30, 1977 at A& R Recording Studio, NYC.
posted by F.Kubo at 23:19| Comment(0) | 日記

2017年10月29日

Miles Davis / It's About That Time

Miles Davis 197003 It's About That Time_Blog.JPG

1970年3月、マイルスが初めてロックの殿堂「フィルモア・イースト」に出演したノーカット・ライブ。アルバム「ビッチズ・ブリュー」発売1か月前の歴史的な出来事。マイルスは真っ向勝負でロックに挑んだ。

しかし、この音源がアルバムとして世に出たのは2001年7月。30年以上、お蔵入りした理由が分からない。

Disc 1
1. Directions
2. Spanish Key
3. Masqualero
4. It's About That Time / The Theme

Disc 2
1. Directions
2. Miles Runs The Voodoo Down
3. Bitches Brew
4. Spanish Key
5. It's About That Time / Willie Nelson

Miles Davis - trumpet
Wayne Shorter - soprano saxophone, tenor saxophone
Chick Corea - Fender Rhodes electric piano
Dave Holland - acoustic bass, electric bass
Jack DeJohnette - drums
Airto Moreira - percussion, cuica

Recorded at The Fillmore East, NYC on March 7, 1970.
Released on July 17, 2001.
posted by F.Kubo at 18:13| Comment(0) | 日記

2017年10月20日

Bill Evans / Montreux II

Bill Evans 197006 Montreux II.JPG

今週は田園都市線のトラブルに二日続けて巻き込まれ、酒を飲んでいるより電車に乗っている時間が長かった一週間。

このアルバムは、2011年1月5日、神田明神の初詣の前に、初めて行った神保町のジャズ喫茶BIG BOYで聴いて気に入り購入した。エディ・ゴメスのベースに感動。一般的な評価はそれほど高いアルバムではないようだが、耳で聴かず、体で聴けば、素晴らしいアルバムだと思う。

しかしである。その後、BIG BOYは禁煙となり、縁を切った。店主に理由を聴いたら、煙草の煙でオーディオにダメージがあるとのこと。機械は直せる。人との縁は簡単には修復できない。客を捨て機械を選んだBIG BOYをこちらから捨てたのある。

1. Introduction - Very Early
2. Alfie
3. 34 Skidoo
4. How My Heart Sings
5. Israel
6. I Hear a Rhapsody
7. Peri's Scope

Bill Evans - piano
Eddie Gomez - bass
Marty Morell - drums

Recorded Live June 19, 1970, At Montreaux Jazz Festival, Switzerland
posted by F.Kubo at 23:56| Comment(0) | 日記

2017年10月02日

中上健次 / 破壊せよ、とアイラーは言った

この本を読むのは何年振りだろうか。所有していたはずの本は行方不明。古本をAmazonで購入した。その理由は至って簡単。アイラーのアルバムを立て続けに聴いたため。そして、新たに発見した健次のフレーズ。

「初めてステレオを買ってみた。・・・昔、好きだったコルトレーンをさがして、さっそくそのステレオでかけた。・・・家で耳にするそのジャズの音のショボさに私は耳を疑った。ジャズはモダンジャズ喫茶店で聴くものである。」

その通り。だが、そんなジャズ喫茶には青春18きっぷで旅をしないと出会うことができない時代になってしまった。

中上健次 - 破壊せよ、とアイラーは言った.JPG
posted by F.Kubo at 22:00| Comment(0) | 日記

2017年09月17日

Miles Davis / At Plugged Nickel, Chicago

Miles Davis 196512 At Plugged Nickel, Chicago.JPG

このアルバムを最初にブログに書いたのは、2012年6月19日。その冒頭には、「台風4号接近中。和歌山から上陸し、現在は愛知県を通過。未明には関東地方直撃の見通し。こんな夜は、ジャズと酒で時を過ごすしかない。」とあった。

プラグド・ニッケルと台風。何かの因縁があるのかも知れない。Vol.1とVol.2で販売されたLPが、そのまま2枚組CDの廉価盤となり購入。LPでは聴き取れなかった音がCDでは鮮明に・・・と書きたいのだが、今のところ自分の神経細胞には上陸せず。

http://kubo.sblo.jp/article/56580295.html
http://kubo.sblo.jp/article/56580441.html

Vol.1
1. Walkin'
2. Agitation
3. On Green Dolphin Street
4. So What - Theme

Vol.2
1. 'Round About Midnight
2. Stella By Starlight
3. All Blues
4. Yesterdays - Theme

Miles Davis - trumpet
Wayne Shorter - tenor saxophone
Herbie Hancock - piano
Ron Carter - bass
Tony Williams - drums

Recorded Live At: "Plugged Nickel" Chicago, December 22&23, 1965.
posted by F.Kubo at 20:29| Comment(0) | 日記

Curtis Fuller / Blues-ette

Curtis Fuller 195905 Blues-ette.JPG

LP、CDのどちらの解説も、このアルバムの影の主人公はベニー・ゴルソンであると書いている。そして、ゴルソン・サウンド、ゴルソン・ハーモニーなる名称を使って称賛。

ベニー・ゴルソンとカーティス・フラーは、1958年から1年契約でジャズ・クラブ「ファイブ・スポット」に出演して、リズム陣を固定せずにセッションを繰り返し、その結果がこのアルバムに結び付いたとのこと。

そんな背景を知ると、なおさら愛着が湧いているアルバムなのだが、安っぽいジャケットが雰囲気を壊している。

1. Five Spot After Dark
2. Undecided
3. Blues-Ette
4. Minor Vamp
5. Love Your Spell Is Everywhere
6. Twelve-Inch

Curtis Fuller - trombone
Benny Golson - tenor sax
Tommy Flanagan - piano
Jimmy Garrison - bass
Al Harewood - drums

Rudy Van Gelder Studio, Hackensack, NJ, May 21, 1959
posted by F.Kubo at 16:15| Comment(0) | 日記